【Hills K-Nagatsuka Academy】第35回全国小学生テニス選手権大会結果報告です。

こんにちは、上馬場です。

7月28日から行われました第35回全国小学生テニス選手権大会の結果をお伝えします。

鈴木 瑞希選手、女子シングルス ベスト8

鈴木瑞希

大森 瀬那選手、男子シングルス ベスト32

大森瀬那選手

引率をしていた渡辺ヘッドコーチより試合報告です。

今回、2人の選手が全国小学生大会に出場しました。

瀬那は小学1年生から、瑞希は小学2年生からプレアカデミー(アカデミー下部クラス)でスタートし、
2人とも4,5年かけてここまでたどり着きました。

もちろん、二人とも現状に満足せず、更に上の目標を揚げて日々努力しています。

今回、瑞希は1回戦目『6-3、6-0』で北海道の選手を退け
2回戦目は中国地区のチャンピョンに『6-3、6-2』
3回戦目は第3~4シードを倒してきた同じ千葉県の選手を『6-3、6-1』
準々決勝まで、積極的なプレーで勝ち進みました。
準々決勝は東京都の選手に『1-6、3-6』力負けしましたが
今、持っているものは全て出し切ったと瑞希自身が話していました。
充実した時間が過ごせたと思います。

瀬那君は1回戦目『6-4、6-0』と関西の選手に勝ち切った後
関東小学生大会で優勝した神奈川県の選手と対戦し
『3-6、4-6』セットは取れませんでしたがセカンドセットをものにしたら
流れを変えることができたのではないか・・・
そういうゲームを繰り広げていました。

瀬那は引き続き、この夏全日本ジュニアがあり、
瑞希は、夏休みの後すぐにあるRSK13歳以下の全国選抜ジュニアの
関東予選をクリアする為の練習に入っております。

2人とも全国大会を経験したことにより
より高みを目指していくと思います。

引き続き、選手とサポートするご家族とアカデミーコーチ三位一体で頑張っていきます。

応援よろしくお願いいたします。

******************************************
最後に長塚校長からメッセージです。

久々にアカデミーから全国小学生大会にチャレンジしました。
関東ジュニアが終わってからあまり日にちがない中、2人とも渡辺コーチとクレーコートでの練習を積んで臨みました。
ほぼ、力を出し切れたと思います。
2人とも全国大会へのチャレンジはまだまだ続きますので、更に上を目指して頑張って欲しいです。
これからが大事です!

******************************************