こんにちは。Ken’s成田校の稲葉です。

今回紹介するのは、世界初の左右非対称シャフト形状で、フォアとバックで異なる性能を生み出す「X」シリーズです。

このねじれているシャフトが「ツイストパワーテクノロジー(Twist Power Technology)」という構造で、このねじれによりフォア側が作用・反作用が働き、バック側では慣性の法則により、形状からくる「しなり」の差で強烈なスピンと、高い反発力を生み出すことができるものとなります。

これは、右利き用の右回りにねじれているモデルですが、左利き用の左回りにねじれているモデルもあり、「X」の面白いところは利き腕に合わせてチョイスできる点です。

フォア面でのショットでは上側のシャフトが被っている構造になり、インパクトの際にフレームが硬く反応します。
一般的なフォアハンドのスウィングは大きく速くスウィングする事が可能で、プレーヤーのパワーが大きくボールに伝わります。
その結果、硬い面と強い力がぶつかることで大きなパワーが生まれます。

感想としては、ねじれている形状により、やはりスピンはしっかりとかかり、しっかりとコート内に収まる落差を作りやすいです。
ストリングの種類との組み合わせにより、さらに面白い手応えを感じるのではないでしょうか。

ツイストパワーテクノロジーの真骨頂を発揮するバック面でのショットは、上側のシャフトが開いている構造になり、インパクトの際にフレームがしなって戻る動きをします。
フォアと比べてスウィングや体の動きが制限されるバックハンドでは、フォアと同じように大きく速くスウィングする事は不可能です。このバックのスウィングのパワー不足をフレームのしなりと戻りがボールを押して手助けしてくれるため、より深く安定したボールを可能にします。

バックハンド側が慣性の法則により、とても飛ばしやすく、特にシングルバックハンドプレーヤーにとっては、今までにない手応えを得られます。

フラット・トップスピンはもちろんのこと、驚くのは「スライス」の伸び具合で、とても快感になります。
「X」の謳い文句である「ゲキスピ」は劇的なスピンがかかる、「スゴスラ」は凄いスライスが打てる、という特徴を強調しているだけあります。

片手打ちのバックハンドボレーも同じことが言え、ボレーの苦手だという方にも、上達を期待できるラケットであるのではないでしょうか。

あえて右利きのプレーヤーが、左利き用の「X」を使うこともアリかもしれないですね。
フォアハンドに苦手意識を持っている方は、上側のシャフトが開いている面を使うことで、苦手を克服することができる可能性だってあります。

艶消しのブラックが、また良い味を出しております。個性あふれる形状と構造のラケットですが、とてもクセになるのは間違いないです。愛着が湧きますね。

「X」のラインナップ

・X97 Tour(ウエイト310g,バランス310mm)
・X100 Tour(ウエイト300g,バランス320mm)
・X100(ウエイト290g,バランス325mm)
・X105 290g(ウエイト290g,バランス310mm)
・X105 270g(ウエイト270g,バランス335mm)

個人的には、X97tourを使用した際に、ラケットのバランス・ウエイトは非常に相性が良かったのですが、やや硬さは感じました。
ストリングのテンションを低めに設定したことで、とても使いやすくなりました。

X100tourの方が300gとオールラウンドに使い回しが良く、多くの方に対応するスペックです。
300gではちょっと重たいという女性には、ちょうど良い290gのスペックも2機種あります。

この可愛いカラーリングの「X」もあります。
ホワイトベースで、ジャパンをイメージしたカラーのレッドが素敵です!!

ただいまプリンスラケットキャンペーン中です。
コートには、以下の機種のラインアップがあります。

・EMBLEMシリーズ
・TOURシリーズ
・BEASTシリーズ
・PHAMTOMシリーズ
・Xシリーズ

3/29までにご購入の方は、以下の特典が付きます!

・フレーム代の25%off
・ストリングサービス
・工賃無料

さらにご購入の方は、下記の専用ハガキをお渡しさせていただきますので、投函されるとオリジナルトートバッグがもれなく付きます。

プリンスラケットキャンペーンは3/29まで実施中です。

ぜひ試打してください!