こんにちは。Ken’s Narita Junior Project担当の稲葉です。

Ken’s Narita Junior Project所属の宮本幸奈ちゃん(東京学館船橋高等学校)が、第93回関東ジュニアテニス選手権大会のシングルス(16歳以下の部)で、見事3位入賞となりました!

おめでとうございます!

今大会は、3月に行われた千葉県ジュニアテニス選手権に優勝し、千葉県の代表として臨み、その先の全日本ジュニアテニス選手権大会の出場につながる重要な大会であることから、並々ならぬ意気込みで今大会を挑みました。

今大会は、まだ梅雨も明けていないことから、連日雨の中での試合が続きました。
コンディションも決して良くない状態の中で、本当に高いパフォーマンスで、素晴らしい試合を選手達が見せておりました。
そして、どの選手も実績は十分で、全日本ジュニアの出場権を掴むべく、どのコートも雨風関係なく熱気ムンムンの試合を繰り広げておりました。

幸奈ちゃんは、今回で5回目の関東ジュニアの挑戦となりました。高校に入学して初の関東ジュニアです。中学の頃と違って、随分とサポート体制が充実した形になって変わりました。

幸奈ちゃんは、初戦から各地域の代表選手と激闘を繰り広げ、僅差で勝利した試合も多かったのですが、プレッシャーもかなり大きかったと思います。
そのプレッシャーは、選手達にものすごい集中力を発揮させるものとなり、対戦相手と何よりも自分への重圧に負けまいと、どの選手達も気合いが入っております。

幸奈ちゃんは、昨年の悔しさをバネに、1年間しっかりと積み上げてきましたが、土壇場での強さをしっかりと発揮できました。
プレッシャーがかなり大きかったと思いますが、だからこそ集中力が漲り、素晴らしい試合を展開できたのではないかと思います。

3位という素晴らしい結果を残しましたが、多くの課題点を見つけることができました。
それもこのような大会だからこそ、見えてくるものがあり、現実を思い知らされるものだと思います。

課題は山積みですが、ここで対戦させていただいた凄い選手達の分まで、しっかりと8月に行われる全日本ジュニアテニス選手権大会で頑張って欲しいと思います!

東京学館船橋高校の皆様と、先生の手厚いサポートがあったからこそ、今回の結果につながったと思います。
そして、たくさんヒッティングを一緒にしていただきましたKen’s成田校のスクール生の皆様に感謝致します。ありがとうございました!

3位入賞に胸を張って、関東代表として全日本ジュニア選手権大会で頑張って欲しいと思います!
おめでとうございます!