こんにちは。Ken’s成田校の稲葉です。

Ken’s Narita Junior Project所属の宮本幸奈選手(東京学館船橋高等学校:1年生)が第51回 千葉県高等学校新人テニス体育大会の個人の部でシングルス準優勝、そしてダブルスでは優勝し、団体戦と個人戦ダブルスで2冠を達成することが出来ました。

おめでとうございます!

シングルスの決勝戦は、同じ学校の先輩と当たりましたが、この決勝戦の対戦カードのお二人はダブルスのペアでもあります。
そのペアの石橋選手は団体・シングルス・ダブルスを全種目優勝の3冠です!

 

そして、幸奈の学校の東京学館船橋高等学校は、シングルスの優勝・準優勝・ベスト4と3人が上位に入っております。
良き先輩たちに揉んでいただいている素晴らしい環境の中でテニスをやらせていただいております。

大先輩と組ませていただいた幸奈は、とてもたくさんのことを学ばせていただきましたね。
迫力あるベースラインプレーと、戦うたびにお互いの信頼感が増しているようなペアリングの良さが光りました。

東京学館船橋高等学校の個人戦ダブルスの部の入賞者の皆さんです。
みなさん、おめでとうございます!

東京学館船橋高等学校テニス部は、団体戦で男子が準優勝、女子が優勝と、12月に行われる関東選抜大会でも頑張ってほしいと思います。
監督の先生は、実は林コーチと私の恩師でもあります。応援しております!

そして、個人戦ダブルスでは、Ken’s Narita Junior Projectに最近入りました内山侑香選手も出場しております。元気で明るくガッツ溢れるプレーで、コツコツやるタイプです。今後の彼女もしっかりとサポートしたいと思います。

加瀬暖人選手も頑張っておりました。どんどん大人になってプレーのレベルが上がってたことが嬉しく思います!
引き続き加瀬くんのことも応援したいと思います!

 

引き続き、各メンバーの指導にあたり、しっかりとサポートしたいと思います!